FC2ブログ

#オリジナル小説 #BL #ほのぼの #500円コース07

mugi

表紙11

通学路を歩きながら隣を歩く先輩を見る。彼のほうが身長が高いから歩幅も違うはずなのに合わせてくれている。今更ながらにその事実に気づく。
「その迎えに来てくれるとは思いませんでした」
恋人という肩書きが加わっただけで自分がこんなに緊張してしまうなんて。落ち着かなくて手が汗ばむ


※BLです。全年齢ですが苦手な方気をつけてください
スポンサーサイト
Posted bymugi

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply