FC2ブログ

#オリジナル小説 #BL #ほのぼの 500円コース

mugi

表紙11

気づくと扉の前にいた。
特別なこともない木目のおしゃれな扉なのに俺を惹き付けてやまない何かがあった
扉を開くと給仕の男は微笑んだ。
「当店はお客様の願いを叶えさせていただいております」


※BLです。全年齢ですが苦手な方は気をつけてください
スポンサーサイト
Posted bymugi

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply