FC2ブログ

#オリジナル小説 #SS #日常 #ほのぼの りゅうせいぐん

mugi

めがさめたらぱぱとままがよぞらをみていた。
「おほしさまをみているの?」
「きょうは流星群が見られるんだ」
「りゅうせいうぐん?」
「お星様がそらからたくさん降って来るの」
おほしさまがふってくる!!たいへんだ、たいへんだ!ぼくはあわててげんかんへとはしっていって めあてのそれをにぎゅっとにぎってぱぱとままのばしょへいそいでもどる。そしてそれをぱっとひらく。ぱぱのつかっているおおきなかさだ。
「おほしさまがふってきたらあたまにぶつかっちゃうよ!」
ぼくのこえにぱぱとままはわらった。そらがきらきらとひかりはじめた。
スポンサーサイト
Posted bymugi

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply