FC2ブログ

Index

71: らくがき

この子が出ている話を今書いているのだけれ

  • 0
  • -

69: らくがき

ボールペンでらくがき。 毎日何かしらの物

  • 0
  • -

68: #オリジナル小説 #SS #140字小説 平和的な戦争

ではここに第三次世界大戦のルールを発表す

  • 0
  • 0

67: #オリジナル小説 #ファンタジー #和風 風渡り06「完結」

獣の里だった場所は焼け野原と化していた、

  • 0
  • 0

66: #オリジナル小説 #ファンタジー #和風 #風渡り05

「分かってもらえないのなら仕方がありませ

  • 0
  • 0

65: #オリジナル小説 #SS #140字小説 明日

140字小説書こうと思って文字数が満たなか

  • 0
  • 0

64: #オリジナル小説 #ファンタジー #和風 風渡り04

風渡りは男たちを連れて、獣人がこちらの話

  • 0
  • 0

63: #オリジナル小説 #SS #140字小説 どういうことなの

140字小説書こうと思って文字数が満たなか

  • 0
  • -

62: #オリジナル小説 #ファンタジー #和風 風渡り03

一夜明けた次の日、夜明けとともに目覚めた

  • 0
  • 0

61: #オリジナル小説 #SS 奇妙な生き物が話しかけてきた

魔法少女として世界を救ってほしいんだ。

  • 0
  • 0

60: #オリジナル小説 #ファンタジー #和風 風渡り02

あっさりと偵察の許可をした若君は梅を呼び

  • 0
  • 0

59: #オリジナル小説 #ファンタジー #和風 風渡り

風の声を聞き、里や村の危機を救済するもの

  • 0
  • 0

58: PC新しく購入しました 更新再開します

タイトル通りです。PCを新調しましたので、

  • 0
  • -

57: 悲劇 、PCが壊れる。 更新を休止します。

タイトル通りです。5年以上愛用していまし

  • 0
  • -

56: #オリジナル小説 #SS 月が綺麗ですね

「月が綺麗ですね」部活の帰り道、同じ方向

  • 0
  • 0

55: #オリジナル小説 #BL #ほのぼの #500円コース11[完]

後日、俺の家に見慣れない封筒が届いた。宛

  • 0
  • 0

54: #オリジナル小説 #BL #ほのぼの 500円コース10

気づかぬうちに叶先輩のことを好きになって

  • 0
  • 0

53: #オリジナル小説 #SS #ホラー 次の目覚めを

愛おしい人がいた。その人のことを深く、深

  • 0
  • 0

52: #オリジナル小説 #BL #ほのぼの #500円コース09

先輩と居ると世界がきらきらする。どきどき

  • 0
  • 0

51: #オリジナル小説 #BL #ほのぼの 500円コース08

昼休みの時間に近づくと次第にそわそわして

  • 0
  • 0

50: #オリジナル小説 #SS #コメディ(?) 嫉妬というには激しすぎる

はい。あーん。にっこり笑いながら差し出さ

  • 0
  • 0

49: #オリジナル小説 #BL #ほのぼの #500円コース07

通学路を歩きながら隣を歩く先輩を見る。彼

  • 0
  • 0

48: #オリジナル小説 #BL #ほのぼの #500円コース06

「………え、と、望君は僕のこと……その、」

  • 0
  • 0

47: #オリジナル小説 #BL #ほのぼの #500円コース05

康成の家は熱い緑茶が出てくる。知っていた

  • 0
  • 0

46: #オリジナル小説 #SS #ホラー #電話

「もしもし」 受話器から聞きなれた声がし

  • 0
  • 0

45: #オリジナル小説 #BL #ほのぼの 500円コース04

大きな声を出したのが恥ずかしくて顔が赤く

  • 0
  • 0

44: #オリジナル小説 #BL #ほのぼの 500円コース03

その人は持っていた傘を子猫のダンボールの

  • 0
  • 0

43: #オリジナル小説 #BL #ほのぼの 500円コース02

外でぱらぱらと降っている雨の音が混じるな

  • 0
  • 0

42: #オリジナル小説 #BL #ほのぼの 500円コース

気づくと扉の前にいた。 特別なこともない

  • 0
  • 0

41: #オリジナル小説 #SS #日常 #ほのぼの りゅうせいぐん

めがさめたらぱぱとままがよぞらをみていた

  • 0
  • 0

40: #オリジナル小説 #ホラー 密室02

ノブに手をかけたところでまた電話の声を思

  • 0
  • 0

29: #お知らせ #HP開設しました 載せていた小説はそちらに移動

HPを開設。こちらで載せていた小説はそち

  • 0
  • -

39: #オリジナル小説 #ホラー 密室01

気づくと窓もドアもない真っ白な部屋にいた

  • 0
  • 0

38: #オリジナル小説 #SS 狭き門

メェメェメェ、憐れな子羊たちが鳴いている

  • 0
  • 0

37: #オリジナル小説 #ヒューマン 死に旅05[完]

 一緒に逝こうって言ってくれたのに。

  • 0
  • 0

36: #オリジナル小説 #ヒューマン 死に旅04

 「可愛い!それ猫の形!」「そう!ゆ

  • 0
  • 0

35: #オリジナル小説 #ヒューマン 死に旅03

 「きれいだね」子どもの言葉と自分の

  • 0
  • 0

34: #オリジナル小説 #ヒューマン 死に旅02

 「おじさんは、死んでしまう前に行き

  • 0
  • 0

33: #オリジナル小説 #ヒューマン 死に旅01

 自殺をしようとしていた男性に、ラン

  • 0
  • -

32: #オリジナル小説 #短編 隣の猫

ふてぶてしい顔をした猫が、空き部屋である

  • 0
  • 0

31: #オリジナル小説 #短編 彼女はネクロフィリア upしました

upしました。2018年7月 僕は死んだ、死亡原

  • 0
  • 0

30: #オリジナル小説 パラペッチョ様 完結しました

 パラペッチョ様、完結しました。 預

  • 0
  • 0

17: #静岡県西部 #大井川鉄道 #SL SLの見える温泉、道の駅川根温泉

奥太井湖上駅を書いたのでせっかくなので周

  • 0
  • -

9: #静岡県西部 #秘境駅 #撮影スポット  奥大井湖上駅へ行ってきた

電車でないと行けないと思っていたのですが

  • 0
  • -

24: #オリジナル小説 #ホラー 幸福なものたち 菜食02 完結

02 そう思いつつもフロリアンが決行に踏

  • 0
  • 0

23: #オリジナル小説 #ホラー 幸福なものたち 菜食01

01 誰もが羨望するような邸宅にフロリア

  • 0
  • 0

21: #オリジナル小説 #ホラー 幸福なものたち 暴食05 完結

5 何処にでもある普通の朝食の風景がそ

  • 0
  • 0

20: #オリジナル小説 #ホラー 幸福なものたち 暴食04

  04 彼は上機嫌だった、また

  • 0
  • -

19: #オリジナル小説 #ホラー 幸福なものたち 暴食03

 03 妻も子どもも寝静まった頃に

  • 0
  • -

18: #オリジナル小説 #ホラー 幸福なものたち 暴食02

02正体を知ってからというものアンドレアス

  • 0
  • -

16: #オリジナル小説 #ホラー 幸福なものたち 暴食01

 01アンドレアスは何処にでもいる普通

  • 0
  • -

15: #オリジナル小説 #ファンタジー #ホラー 幸福なものたち 幸福な子ども05 完結

05屋敷には朝から来客で賑わっていた。来賓

  • 0
  • -

14: #オリジナル小説 #ファンタジー #ホラー 幸福なものたち 幸福な子ども04

04がたごとと人力車は進む、ファビアンの自

  • 0
  • -

13: #オリジナル小説 #ファンタジー #ホラー 幸福なものたち 幸福な子ども03

03とある日の正午。村には相応しくない大き

  • 0
  • -

12: #オリジナル小説 #ファンタジー #ホラー 幸福なものたち 幸福な子ども02

02朝食後、お腹一杯まで食べたフェリチタは

  • 0
  • -

11: #オリジナル小説 #ファンタジー #ホラー 幸福なものたち 幸福な子ども01

01村の朝は早く太陽が昇れば人の声が外から

  • 0
  • -

10: #オリジナル小説 #ファンタジー #ホラー 幸福なものたち 幸福な子ども00

00「わたしたちの住むこの村は、ぐるりと村

  • 0
  • 0

8: #オリジナル小説 #SS きぐるみ男とスーツの男

くるくる回るメリーゴーランド。高い位置か

  • 0
  • 0

6: #オリジナル小説 #SS ただの惚気話

大学帰りの電車の中で惰眠を貪っていた俺は

  • 0
  • -

5: #オリジナル小説 #ホラー その小指に約束が 05 完結

05優しい陽だまりのなか小さな女の子がふた

  • 0
  • -

4: #オリジナル小説 #ホラー その小指に約束が 04

042年後6月気づくと随分と深く掘っていた、

  • 0
  • -

3: #オリジナル小説 #ホラー その小指に約束が 03

032年前 6月剛には付き合っている彼女がい

  • 0
  • -

2: #オリジナル小説 #ホラー その小指に約束が 02

02次の日、朝日が眩しくて剛は瞳を開けた。

  • 0
  • -

1: #オリジナル小説 #ホラー その小指に約束が 01

土砂降りの雨が男の体を打ち付けていた。安

  • 0
  • -

22: #about

■このブログについてオリジナル小説をメイ

  • 0
  • -